(19)生成AI  地図が理解できない、方向感覚がない

①生成AIに五反田散策路を聞いてみました

五反田駅の山手線内側の、北東方向に静かな住宅街と公園が広がる散策路があると聞き、これは一度歩きたいなとBingに質問しました。

質問⇒五反田駅から山手線内側の散策路を教えてください

回答⇒五反田駅から山手線内側の散策路を教えますね。五反田駅から山手線内側を散策する場合、以下のルートがおすすめです1

  1. 五反田駅東口を出て、目黒川に向かいます。
  2. 目黒川沿いに進み、目黒川緑道公園に入ります。
  3. 公園を抜けると、目黒川沿いの道に出ます。
  4. そのまま進むと、目黒駅に到着します。

このルートは、目黒川沿いに進むため、景色が良く、気持ちの良い散策ができます。また、目黒川緑道公園では、四季折々の花々や木々を楽しむことができます。お楽しみくださいね。

何か違和感がありました。山手線の内側と聞いたのですが、東側出口から出ると山手線内側に行きますが、目黒川は西口になります。以前の記事でも書きましたが、地図の感覚が全くないのか、それにつけても山手線内側の意味が理解できないのかよくわかりません。さらに目黒川緑道公園です。今まで聞いたことがなかったので実際にwebで調べてみました。世田谷区役所の案内に目黒川緑道公園が出てきましたが、国道246号大橋あたりにある緑道ということがわかりました。どうして五反田に目黒川緑道公園を出してきたのか、これも理解できません。                    さらに追加の質問です。

質問⇒五反田駅から品川駅までの散策路を教えてください。

回答⇒五反田駅から品川駅までの散策路を教えますね。五反田駅から品川駅までの徒歩ルートは、以下の通りです1234

  1. 五反田駅東口を出て、目黒川に向かいます。
  2. 目黒川沿いに進み、目黒川緑道公園に入ります。
  3. 公園を抜けると、目黒川沿いの道に出ます。
  4. そのまま進むと、品川駅に到着します。

このルートは、目黒川沿いに進むため、景色が良く、気持ちの良い散策ができます。また、目黒川緑道公園では、四季折々の花々や木々を楽しむことができます。お楽しみくださいね。

全く同一の回答がでてきました。これでは品川ではなく、中目黒駅に行ってしまいます。同じ回答をすることは、品川も中目黒も全く位置的な理解をしていないことかなと推論できます。

②生成AIの大きな課題に気づきはじめました。

生成AIを構築していると言われる、大規模言語モデルを調べ始めました。

「ChatGPT」は大規模言語モデル(LLM Large Language Models)技術を用いて構築されたチャットボットである。             大規模言語モデルはディープラーニング技術と非常に巨大なデータセット、3つのデータセット「計算量」「データ量」「パラメータ数」で構築されています。 圧倒的な性能を持つ大規模言語モデルですが、現時点では課題もあります。偽の情報を平然と出力する幻覚と呼ばれる現象があります。  参考文献 NRI トップ・ナレッジ・インサイト 用語解説                                                                                      ③ NDLで五反田探索の検索をかけました。

冒頭の五反田散策について、国会図書館(NDL)で検索をかけました。キーワード 都内散策で検索し「都内散歩 シルバーパスでゆうゆう」「東京凸凹散歩」を閲覧しました。「都内散歩」には高輪駅からの紹介で、池田山公園、ねむの木の庭、畠山記念館などの案内があり、通称「池田山」と呼ばれていることがわかりました。この内容は筆者の探していた五反田からの散策路になります。後日、この散策路を実際に歩いてみました。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です