(15)生成AI 水素医療の本質を確認します

①今回は水素医療の本質について逆探索をします

水素医療の効能を、宮川路子先生の本からまとめてみます。                                                                    水素ガス吸入、水素水、水素サプリメント、水素風呂について各々整理してみます。

  • 水素ガス吸入        水素摂取の方法として、第一選択は水素ガスの吸入である。水素ガス吸入は瞬時に、しかも大量に水素を肺から血管内に取り込み心臓からの血流にのって全身に行き渡らせることができるため、効果が最も高いと考えられます。
  • 水素水                                     水素水を飲むと、口腔、食堂、胃、腸と消化器官をめぐって身体に吸収されます。水素水は口腔内から腸に至るまでの,消化器系の炎症の抑制や肝臓の保護などには対しては、かなり効果があると考えられます。(筆者も以前説明いたしましたが、水素水を常に持ち歩いて、半年から一年未満の期間で、逆流性食道炎を全治した経験があります。)                                                       さらに水素水には水素ガス吸入にはない優れた効果があることがわかってきました。                                                                                            2021年に発表された論文に、水素水を飲むとグレリン受容体の活性化により、脳の視床下部が刺激されて、食欲が増したり、成長ホルモンの分泌を促すことが確認されたそうです。
  • 水素サプリメント          水素サプリメントは、コンパクトで持ち運びが便利で、仕事中や外出先でも手軽に水素を摂取できます。カプセルを飲むと、胃や腸の中で長時間水素を発生し続けて、血中に吸収されて水素ガス吸入を続けるのと同じような効果があります。特に入院先など水素ガス吸入器が許可されない場合に有効です。
  • 水素風呂       「水素風呂は身体が芯から温まり保湿効果も高く、しかも温泉のようなリラックス・癒し効果も得られる。水素風呂に入ると肌がしっとりします。」 「皮膚から直接局所に吸収されるためにか、特に肩こりや膝や腰の痛み、皮膚障害などにはものすごく効くという印象をもっており、他にも、しびれや神経痛、足のつりにも良いようです。」「皮膚トラブルに対する効果が高く、アトピー性皮膚炎,乾癬、湿疹の改善は数多く報告をいただいております。」

②生成AIに質問してみました。

質問⇒水素医療の水素吸引、水素水、水素サプリメント、水素風呂のそれぞれの効能を教えてください。

回答⇒水素医療には、水素吸引、水素水、水素サプリメント、水素風呂などの方法があります。それぞれの効用は以下の通りです。

以上の方法で、水素は悪玉活性酸素を無毒化して健康に良い影響を与えると考えられています4。ただし、水素の効果は個人差があるので、自分に合った方法を見つけることが大切です。

③ここで課題の整理です。

  • 水素吸入 Bingも大量に水素を取り込むことができる方法と回答しているのは良いかなと考えますが、肺から血管に取り込むことに関して触れていないのは、本質的な効果について記載できていないと考えます。水素吸引の本質は血管を通して全身にくまなく水素を行き渡せることと考えます。
  • 水素水 Bingは、最も重要な水素水の効果について触れていません。口腔内から腸に至るまでの消化器系の炎症の抑制について全く触れていないことです。筆者の逆流性食道炎も水素水で完治しました。さらに2021年の論文で、新たな効果が発表されていますが、これについても記載がありません。
  • 水素サプリメント Bingは、「水素サプリメントは水素水より安定して水素を保存できるので持ち運びや保存に便利」とあり間違いではありませんが、やはり水素ガス吸引と同様な持続的な効果が期待できるというコアが欠けているのかなと感じます。
  • 水素風呂 浴槽に水素を発生させる方法については正解ですが、効果についてのコアな部分の説明がありません。皮膚から直接水素を取り入れることで、皮膚の症状、アトピー性皮膚炎、乾癬、湿疹の改善などのコアな部分については全く説明がありません。

生成AIの回答は間違いではありませんが、本質的なコアの部分が欠如しています。参考文献 最強の水素術 宮川路子著


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です