(12) 生成AI 水素の医療活用について教えてください その1

① 生成AI  水素の医療活用について教えてください その1

次のチャレンジは水素です。 水素は発電、自動車、医療、環境など広範囲の用途をもつため、国会図書館(NDL)での検索は極めて難しい状態です。

なぜ水素にかかわりを持ったのからひもといていきます。

2007年1月、出張中に立ち寄った大型本屋で「水素水の世界 これまでの医学常識を覆す」林秀光著をみつけ早速購入しました。本の中で紹介されていた水素発生スティクを購入し、毎日飲むようになりました。いつもカバンの中には、水素スティックが入ったペットボトルをもっていました。その当時、逆流性食道炎で天ぷらが食べられないひどい状態でした、薬での治療は続けていたのですが、全く良くなりませんでした。ところが、水素水を飲み始めて、半年たったところで治っているのに気づきました。ここから水素生活が始まりました。

次の水素との出会いです。2014年5月にシニア退職し、7月に健康診断を受けると前立腺がんのPSA値がグレーゾーンであることがわかりました。生体検査を受けるとガンが見つかり悪性だと言われました。                                                この時、「病気が良くなる!若返る!奇跡の水素革命」高藤恭胤著の本をたまたま見つけました。著者が水素ガス発生器を開発され、それを医療に活用され始めたとの情報でした。その活用事例で、前立線がんで、PSA100の方が水素ガス吸引で全治されたとの記載がありました。水素ガス発生器はかなり高価で、500万円ぐらいすると言われていました。水素ガスを吸引するためには、水素サロンを活用くださいとの記載があり、本の中に全国30か所ほどの水素サロンが紹介されていました。当時、筆者は座間在住であり、なんと町田に水素サロンがありました。さっそく水素サロンに通い始めました。その水素サロンのご主人が本の中の前立腺がんを水素ガス吸引で全治された当事者であることがわかりました。

4月に全摘の手術の予定が決まっていました。水素サロンに週3回通って水素を吸引を続けていましたが、3月になってもPSAの値が下がらず、やむなく手術を受けることになりました。

約10か月の療養生活が終わり、ようやく日常生活に戻りました。再発の心配もあり、水素医療の探究を再開しました。                                                              2017年になり、本格的にNDLに通うようになり、特に水素医療について調べ始めました。ただ水素は、医療活用はまだ始まったばかりで、水素を検索すると水素という単語に遭遇するとすべてを検索してくることがわかってきました。         たとえば、過酸化水素も水素だけで検索してきます。これは、過酸化水素という複合語として理解していないためです。                                                           水素という分野はかなり広い分野に及んでいます。水素発電、燃料電池、食品、医療などで検索が本当に難しいです。医療に関しても、水素水、水素ガス吸引,水素サプリメントなどがあります。NDLで水素を検索すると11728件の候補が出てきました。

ここで「チャットGPT」に質問です。

質問⇒水素ガスを吸っての健康維持の本を3冊紹介ください

回答⇒申し訳ありませんが、水素ガスを吸っての健康維持に関する本は、医学的に証明された方法ではなく、健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、一般的に推奨されていません。したがって、そのような本を紹介することはできません。健康に関する問題がある場合は、医師に相談することをお勧めします。

ただちに納得できる回答ではないことをご理解いただけるかと思います。

そこでGPT-4が無料で使えるBingに質問です。               ⇒質問 水素の医療活用について教えてください

⇒回答 水素の医療活用には、水素水飲用、水素ガス吸引、水素水含有生理食塩水の注射、入浴、目への点眼などがあります¹。水素は細胞レベルで作用する点から極めてユニークであり、脳関門を通り、ミトコンドリア、さらには細胞核移行することができます¹。血液透析を行う時に、酸化ストレスや炎症を引き起こしていたものを水素の効果で抑えたと考えられます。一般社団法人 水素医療研究所によると、水素は悪玉活性酸素とのみ結びつく性質を持ちあわせており、悪玉活性酸素を無害な水となるのです。水素医療とは、この水素が持つチカラを使って医療効果を図る予防医学です³。

この回答は、現在の研究成果の事実にもとづいた回答と考えます。「チャットGPT 3.5」からかなり進化したと推察できます。

 


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です