⑾ 生成AI 2025年 自律社会の到来の予測

① 2025年 自律社会の到来

ニッポン放送の朝の番組(あなたとHappy)でモリタク(森永卓郎氏)から紹介された本です。50年前、オムロンの創業者立石一真とオムロンの中央研究所のメンバーによって構築された未来予測理論、SINIC理論(サイニック理論)                          仲間真一著です。2022年8月発刊

50年前の未来予測が80%以上の確率で的確に現在を言い当てていることに、驚異の目で見られています。「Sinic理論とは、科学、技術、社会が相互に影響しあって、社会発展が進むということを、人類史全体を俯瞰しつつ、未来を展望した未来予測理論である。」と説明されています。現在は、情報化社会を経て、最適化社会の真っただ中にあるとの予測で、今まさにその時代が進んでいます。

筆者が一番注目したのが、2025年に自律社会が到来するとの予測です。

自律社会とは

「このような人間革命によって、人間社会は、無知や欲望が支配する、不幸で非人道的な時代を終えて、英知と善意が広く行き渡り、平和と人間の生活が最も重要とされる社会へ完全に転換されるであろう。このようにして自律社会と呼ばれる社会が実現してきている。」                      *このような人間革命  超心理現象を実現する超技術革新により、個人間の直接のコミュニケーション、すなわちテレパシーで、それぞれがコミュニケーションをとることができるようになる。                                      まずはチャットGPTに質問です

⇒2025年の自律時代到来について教えてください 2023年5月                                    ⇒2025年の自律時代到来について具体的な情報は提供できません。私の知識は2021年までのものであり、未来の出来事については予測することができません。ただし、自律技術や自律システムの進歩は現実の世界で進行しています。自律時代は、人工知能、ロボット工学、自動化技術などの進歩によって駆動される未来の社会をさします。

⇒2025年の自律社会到来について教えてください 2024年4月

⇒2025年に到来すると予測されている自律社会については、いくつかの可能性が考えられます。この概念は、人工知能、ロボット工学、自動化技術などの進歩によって駆動される未来の社会を指します。

  1. 自動運転車と交通システムの普及: 自律社会では、自動運転車が普及し、交通システムが自律化されることが予想されます。これにより、交通事故のリスクが減少し、効率的な移動が可能になると期待されています。
  2. AIによる業務の自動化: さまざまな業界で、AIによる業務の自動化が進むことが予想されます。これにより、単純作業やルーチン業務は機械が行い、人々はより創造的で高度な業務に集中することができるようになるかもしれません。
  3. ロボットによるサービスの提供: 自律社会では、ロボットがさまざまなサービスを提供することが一般的になるかもしれません。例えば、ホテルやレストランでの接客、物流センターでの荷物の取り扱いなどがその例です。
  4. 人間と機械の共存: 自律社会では、人間と機械がより密接に共存することが予想されます。人々は、個人的なアシスタントとしてAIを使用したり、身の回りの家電製品が自動で動作することを当たり前とするかもしれません。
  5. 倫理的および社会的問題の解決: 自律社会の到来には、倫理的および社会的な問題が伴う可能性があります。例えば、労働市場の変化、プライバシーの問題、機械の決定が人々の生活に与える影響などが挙げられます。これらの問題に対処するための規制や倫理的なガイドラインの確立が重要になるでしょう。

自律社会の実現には、技術的な進歩だけでなく、社会的な課題への対処や倫理的な観点からの考慮も欠かせません。そのため、この概念が具体化する際には、さまざまな側面がバランスよく取り入れられる必要があるでしょう。

この一年間のChatGPTの機能強化は驚くべきものがあります。

次に、マイクロソフトのBingにチャレンジです。

⇒質問 2025年に到来すると言われている自律社会について教えてください⇒2025年に自律の時代が到来すると言われています。自律社会とは、人工知能やロボット技術などの進歩により、人間が介入しなくても自動的に機能する社会のことを指します。最適化社会から自律社会へ移行することで、人々はより豊かで快適な生活を送ることができるようになると期待されています¹²³。

ここで、自律社会について国会図書館(NDL)、図書で検索をかけました。   検索結果が5件ありました。

① 社会福祉法人の自律その意義を問う

② (脱成長)は、世界を変えられるか 贈与・幸福・自律の新たな社会へ

③ スウェーデン 自律社会を生きる人々

④ 社会保障の構造転換 国家社会保障から自律社会保障へ

⑤ 世界大思想全集        が検索されました。

今回の課題にこたえているのが「スウェーデン 自律社会に生きる人々」だと考え、出庫し閲覧しました。この本は2006年に出版されており、共著の一人が、「サイニック理論」著者の仲間真一氏でした。

中間氏は、サイニック理論の実証のため、スウェーデンに行かれ直接自律社会を確認されるためだと考えます。

次にNDLで、キーワード 「自律社会」検索対象は「すべて」で検索しました。

15件の検索結果が出てきました。関連すると考えられるのは

  • 自律的な人材が支える自律的な組織に向けて : 自律社会における経営モデルとしてのオムロンとその課題   掲載誌 Business research 5
  • スウェーデン自律社会を生きる人々
  • 書評 「スウェーデン自律社会を生きる人々」  掲載誌 週刊社会保障 2006.11
  • 「最適化社会」「自律社会」に向けて経営のあるべき姿を探る    立石義雄    掲載誌 実業の日本  2000.12                                                                                                                                                                                                          書評の中に、この本では、自律社会とは「自分に適した仕事や生活が、安定的・継続的に得られるよう、多様な選択肢が用意され、常に人間性が追及され、心の豊かさを優先しうる社会」と位置付けていると記載がありました。自律社会の最もリーズナブルな考え方だと理解しました。

参考文献 SINIC理論(サイニック理論)  週刊社会保障 2006.11


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です